映画事業

映画事業

「地域の未来をつくる人をつくる」、という
みしまびとの原点である想いからスタートした映画づくりプロジェクト。
「映画づくりを使ったまちづくり」を推進する映画制作会社・
Fireworksと協業し、市民参加型映画『惑う After the Rain』を完成させました。

この映画は、ただの地域PR映画ではありません。
「100年後に残る映画をつくりたい」
「まちが誇れる映画をつくりたい」
そんな強い思いを込めて、
いつの時代も変わらない「家族の風景」を丁寧に描いています。
完成後も各地で上映会を展開しています。

映画事業を詳しく知る

▶ 『 惑う After the Rain』概要  
▶ 地域上映会について  
▶ 映画づくりのプロセス  
▶ 協賛・後援一覧